給料日は支払日

実家暮らしの私は、現在専門学校に通っていた時に借りた奨学金の返済をしています。奨学金の契約をした際、母の口座を返済用の口座に指定していたので、今でもそこはそのままです。ですので、給料日には母に奨学金の返済に3万円、家に入れるお金として4万円、合計7万円を現金で渡しています。支払ですので当然なのですが、7万円が目の前で消えていくのを見るのは毎月寂しいです。口座引落より、なんだかお金に対する喪失感が大きく、未練ができてしまいます。給料日は仕事帰りまっすぐ銀行へ行ってそのお金をおろし、そこから家に帰るまでの約10分間だけ、私の財布は潤います。社会人になってからも、普段現金7万円も財布に入れることなどないので、きっとお財布もその10分間だけはびっくりしていることでしょう。そして10分後、きれいさっぱり無くなるその現金に、私は毎月さみしくなります。嬉しいやら寂しいやらの給料日です。